ぬちぐすい診療所について

診療理念

1. 三方良しの実現(患者の幸せ、医療者・介護者のやりがい、地域社会の発展)

2. 「自分らしく生き抜く」を支援する、人生を主役にした医療を行う​

3. ​体の中から元気になることを応援する、必要に応じた適切な検査・薬​の提供

スタッフ紹介

医師 今村昌幹(いまむらまさき)

札幌に生まれ東京で育ち再度北海道にもどり旭川医科大学を卒業。
臨床研修を沖縄県立中部病院ハワイ大学卒後医学研修プログラム4年間を終了し、沖縄県立八重山病院内科に赴任して35年余り勤務。

病院での診療のほか在宅医療、へき地巡回診療、離島診療応援も行った。
最近は認知症患者さんの笑顔に興味をもって介護について学んでいる。


専門資格
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会 認定指導医
  • 日本在宅医学会 在宅専門医
  • 認知症サポート医
  • 米国内科学会 上級会員

医師 川満桐子

沖縄生まれ沖縄育ち。

小児科医として沖縄県立南部医療センター・子ども医療センターから県立八重山病院への転勤を機に石垣島へ移り住んで10年。

現在は二児の母親となり、子を持つ親として子育ての大変さまた楽しみを日々味わっています。子育ての中では子どもたちから気付かされることがたくさんありますね。

どの子も生まれた瞬間から家族や社会との関わりの中でひとつひとつ発達の扉を開き、病気や怪我を乗り越えながら大きくなっていきます。

その子どもたちの健やかな成長を守ることは小児科医の大きな役割のひとつです。発達の段階で気になること、病気や怪我で困った時にはご相談ください。

自然医療の観点も含む統合的な医療を行い対応いたします。

病気を治すのはその人自身の自然治癒力です。日頃から病気になりにくいからだ作り、病気になっても自分の自然治癒力で治せるこころとからだ作りが大切です。その方法についても一緒に考えていきましょう。

専門資格
  • 日本小児科学会小児科専門医
  • イトオテルミー温熱療法療術師免許取得

看護師 野口愛(のぐちあい)

出身:福岡産まれ、大阪育ち。 

産まれた時から、父親が大病を患い、私が20歳になった年に他界しました。父親の闘病生活を支える中、同じような思いを抱えてる患者さんを支える仕事がしたいと考え、看護師になることを決意しこの仕事につきました。

大阪ではがん専門病院で勤務をしていました。そこでは、老年からAYA世代の患者さんの看護をおこない、若くして告知に苦しむ患者さんや、10代でお亡くなりになる患者さんの家族のサポートなど、心理的サポートも看護師の中でとても大切なことだと実感しました。

そのことから、看護師として心理的サポート、心身の健康の手助けがしたいと考え、園芸療法士の資格を取り、がん病院や、ボランティアで身体障害者の授産施設などの庭で、ハーブ園や野菜の栽培をおこない、利用者さんと共に、体にも心にも良いこととは何かと追求していきました。その後は、心機一転、旅行で行った西表島で無農薬の勉強をする為に6年間移住し、八重山の果実、野草などとても興味を持つことが出来ました。

そして、この度、石垣島で患者さんと更に密着した医療を提供できる場として、ぬちぐすい診療所を立ち上げからチームの一員として関わらせて頂くことになりました。

また、無農薬のお野菜、果実、八重山ハーブなど自分達で栽培し、心身ともに健康になることを更に追求した医療が提供できたらと思っております。

専門資格
  • ハンドケアセラピスト認定証取得
  • 園芸療法士
  • 准看護師免許所得
  • 看護師国家資格所得

ギャラリー

院内

なんだか懐かしい、ついついゆっくりしてしまう、そんな昔ながらの治療院のような雰囲気を目指しています。
古くから伝わる考え方を大切にしたい、地球にやさしい診療所でありたいという想いから、古材を活用した場づくりをしています。

かかわる人々

「みんなちがってみんないい」 お互いを思いやり、尊敬しあう仲間が集まっています。

スタッフ募集ページはこちら

食への想い

人間の体は食べたものからできている。

ぬちぐすい診療所では医食同源の考えに基づき、体の中から元気になる食の研究をしていきます。
運営する畑「ぬちぐすいファーム」では、循環農法、無農薬にこだわったおいしい野菜・果物、ハーブを育てています。

ぬちぐすいファームからのお知らせはこちら

FACEBOOK    INSTAGRAM