在宅医療とは

在宅医療を主とした診療所です。病院に通いにくい島の方々のご自宅を訪問して診療を行います。

在宅医療には、医師が定期的に診察に伺う「訪問診療」と、体の具合が悪くなった患者さまの求めに応じて訪問する「往診」があります。

訪問診療

患者さまの状態に基づき、診療計画を立てて定期的に訪問し、医療的管理を行います。

訪問診療の頻度は、患者さまの状態により異なりますが、平均すると2週間に1回程度になります。

往診

体の具合が悪くなったり症状が急変したりした際に患者さまやご家族の求めに応じて訪問し、診療を行うのが往診です。

ぬちぐすい診療所の在宅医療は、「訪問診療」と「往診」を組み合わせながら、24時間365日、ご自宅での療養生活を支えていきます。

その際には、ケアマネージャー、訪問看護、訪問介護、訪問リハビリなどの介護サービスとも連携し、チームで自宅での生活を支援していきます。在宅医療を利用しながら、病院での専門的な治療や検査を受けることも可能です。

医療費について

在宅医療は保険診療ですので、各種健康保険が利用できます。

自己負担額は、保険証の種類や患者さんの所得によって異なります。
料金の詳細は診療前に保険証等を確認の上、ご説明いたします。

施設に入居中の方の診療費用は、個別にお問い合わせください。

ご利用料金について(個人のご自宅の場合)

対象 医療負担割合 標準負担額(月2回)
70歳以上 1割 約6,800円
2割 約13,600円
70歳未満 3割 約20,400円
3割 約20,400円

※往診や医療処置、検査等を行った場合は、上記の標準負担額(月2回)に加算されます。

※お薬代は別途薬局にお支払いください。

※保険診療以外の部分で交通費等はいただきませんので、上記料金は国の定める診療報酬制度に従って機械的に決まるものです。

※障がいのある方、生活保護など公的助成のある方の場合、自己負担額はより軽減されます。

※請求については1ヶ月分の診療費についてまとめて翌月の中旬頃に行い、登録いただく口座から引き落としさせて頂きます。